安全な投資ビジネスのポイント

投資ビジネスは、副業としてあまり時間を取られないので最適です。安全に投資ビジネスをするには、趣味と配当といったのんびりとした要素を組み入れる事です。のんびりとした急がない姿勢でいることが、捏造された口コミに振り回されたり、返金の約束に期待して購入したりといった詐欺まがいな事で損をする事を防いでくれます。

趣味としての投資ビジネスには、時計や宝石の購入があげられます。時計や宝石は富裕層の趣味の一つです。莫大な金余りの現代、お金の働かせ先としてアメリカ株式などに流れて、経済状態が不透明な状況でも高値更新をするという異様な事態になっています。莫大な金余りの行先として、趣味の分野にも流れており高級時計や宝石の価格を上昇させています。500万円の時計が5年や10年で3000万円や4000万円という高騰ぶりです。私達庶民には宝石の事はよくわかりませんが、宝石には細かく種類があり、パライバトルマリンというレアな宝石などは数年で10倍の値上がりをしています。趣味として適正価格で購入しておき、急いで売ろうとすると安くしか売買が成立しない事が多いので、気長に高く売れるのを待つのが良いです。

配当狙いの投資ビジネスは、今の金余りの状況では、お金は株に流れていきますので、値下がりする可能性は低いです。長期になればなるほど、その傾向は顕著であり、長期チャートを見ればハッキリと認識できます。ですから、長期間保持して、配当をもらい続けるのがかなりおすすめの投資ビジネスであると言えます。配当の高い業種は、メガバンク、通信、総合商社です。東証の大型株の平均利回りが2.1%であるにも関わらず、4%から6%あります。定期預金の利息がほぼ0%であることと比較すると、いかに株式投資が評価の高い利益を生む投資ビジネスであるかがわかります。

これらの3業種は、長期的に安定的に配当を受け続けられると言われています。通信キャリアは割り当てられた電波を持っていますし、今やスマホは日常生活に必要不可欠になっています。新規参入をしてくるのは楽天ぐらいですので、新規参入企業との競争のために配当金を抑えて内部留保して資金を蓄える必要がありません。総合商社は魅力的な資源の権益を持っていますので、安定的に利益を生み出せます。メガバンクは、日本の大企業とのネットワークを構築していますので安定感が抜群です。証券会社はサービスが良いので、快適に利用する事が出来ます。